HOME

  • ニュース一覧
  • 施工事例
  • 施工経歴表
  • お問い合わせ
  • 防水工事
  • 外壁改修工事
  • 超速硬化ウレタンスプレー

アスファルトシート防水工事

改質アスファルトシートの裏面と下地を、トーチバーナーであぶり溶かしながら張り付けて防水層を作ります。

特徴

一番古い防水工法であるアスファルト防水の良いところを活かし、施工の負担を減らした工法です。

  • メリット

    • •アスファルト防水自体の信頼性が高い。
    • •工場でシート加工してあるため、品質が安定している。
  • デメリット

    • •高温作業による、臭いや煙の発生。
    • •あぶり不足による品質の低下の可能性。

トーチ工法の他、常温工法(常温でも液体のアスファルトを使用)もあり、 建物を使用しながらの改修工事にも採用可能となっています。

施工に適した箇所

主に屋上防水で採用されます。

実際のアスファルトシート防水工事の手順を見てみましょう


施工前

施工後
  • 既存防水層を撤去します。
    既存防水層を撤去します。
  • 既存防水層撤去完了
    既存防水層撤去完了
  • プライマーを塗布します。
    プライマーを塗布します。
  • コーナー部に増貼りをします。
    コーナー部に増貼りをします。
  • アスファルトシートを貼り込みます。
    アスファルトシートを貼り込みます。
  • アスファルトシート貼り込み完了
    アスファルトシート貼り込み完了
  • シート端部に押え金物を取付けます。
    シート端部に押え金物を取付けます。
  • トップコートを塗布します。
    トップコートを塗布します。
  • 完了です。
    完了です。

アスファルトシート防水改修工事の事例をご紹介

某マンション シングル屋根改修

シングル葺きのマンション屋根を、改質アスファルトシートで改修しました。

施工事例

明光へのご相談・お問い合わせはこちら