HOME

  • ニュース一覧
  • 施工事例
  • 施工経歴表
  • お問い合わせ
  • 防水工事
  • 超速硬化ウレタンスプレー
  •       
  • 求人ページヘ

水のトラブルから建物を守るために、明光流防水工事

防水工事は建物を水から守るために必要な工事です。

防水工事とは、建物を雨水から守るために、建物外部から構造の部分に水が入らないような処置を行うことです。屋上や屋根はもちろん、ベランダ、バルコニー、外壁などの外部はもちろん、浴室などの水回りも防水工事を施すことができます。

雨や水の侵入を防ぐ防水工事は建物の寿命を延ばすために必要なメンテナンスです。防水の寿命は10〜15年。定期点検と早めの補修で建物をより長生きさせることができます。

建物や既存下地に合った防水工事が必要です。明光では的確に診断し、様々な防水工事で建物をよみがえらせます。

防水工事にはさまざまな種類があります。建物の立地条件や状態、目的や使途、そして改修工事であれば既存の防水がどのような状態か、など様々な要素から実際にどんな防水工法で施工するかを判断します。

明光ではお客様のお悩みを聞き、調査診断を行い、適切な防水工法をご提案しています。また、資格を持った防水施工管理技士が行う自社施工ですので、アフターフォローまでワンストップでお任せいただいています。

施工期間の短縮、工事期間中の匂いの問題などの工事に関するご相談から、環境に配慮した材料の使用や、遮熱・高反射といった機能付加など、さらに進んだご提案も行っています。

まずは「防水チェックのための7つの質問」で建物をチェックしてみましょう。

明光へのご相談・お問い合わせはこちら