HOME

  • ニュース一覧
  • 施工事例
  • 施工経歴表
  • お問い合わせ
  • 防水工事
  • 外壁改修工事
  • 超速硬化ウレタンスプレー

「モルタル浮き」 改修工事

見えないところも手を抜かない。明光は下地処理も丁寧にきれいに

モルタルは、適切な施工をしていても、時間経過に伴う乾燥収縮により下地との剥離が起きます。
ひび割れなどと異なり、モルタルの浮きは目視だけではわかりにくく、剥がれ落ちるまで気が付かないこともあります。
大きな剥離片での事故に繋がらないよう、定期的な調査と早めの改修が大切です。明光では、ピンニングによる補修工事で安全で美しい建物に戻すお手伝いをしています。

爆裂の改修工事をお見せします。

外壁のモルタル浮き

外壁のモルタル浮きは、隙間からの浸水で躯体の劣化を早める原因になりかねません。


  • モルタルが浮いている部分を目視と打診にて把握し、孔を開ける箇所にマーキングをします。

  • ドリルを使ってエポキシを注入する孔を開けます。

  • 穿孔完了後、孔内の粉塵などを清掃します。

  • エポキシ樹脂を注入します。

  • ステンレスピンを挿入し、ピンの力でコンクリート躯体とモルタルを繋ぎます。

  • エポキシ樹脂で注入孔を埋め、へこみを無くします。
  • 施工完了

パラペット、手摺部分のモルタル浮き

写真のような屋上やベランダの手すり部分はモルタル仕上げが多く経年劣化による浮きが発生します。 早めの改修で落下などのトラブルを防ぎます。


  • 施工前

  • 穿孔

  • 孔内清掃

  • エポキシ樹脂注入

  • ステンレスピン挿入

  • 注入孔埋戻し
  • 施工完了

明光へのご相談・お問い合わせはこちら