HOME

  • ニュース一覧
  • 施工事例
  • 施工経歴表
  • お問い合わせ
  • 防水工事
  • 外壁改修工事
  • 超速硬化ウレタンスプレー
  •       
  • 求人ページヘ

外壁のトラブルは早目の対処、明光流外壁改修工事

外壁改修工事は建物全体の健康を守る工事です

建物は建てた瞬間から劣化が始まっています。外壁は特に、風雨や太陽光線、気温の変化などに常にさらされ、劣化が最も進む箇所といえるでしょう。

外壁は建物の顔でもあります。外壁が劣化すると住環境を守るという機能性だけでなく、外観を損ね、資産価値にも影響しかねません。

外壁改修の目安は10〜15年。症状が軽微なうちに改修を行うことで、建物自体のLCC(ライフサイクルコスト)を下げることができます。外壁改修工事を定期的に行うことで、機能的にも見た目的にも建物を健康に保つことができるのです。

外壁のヒビ割れ、タイルの浮きは危険信号。早目の対処で安全・安心な生活を。

常に風雨や日光、排気ガスなどにさらされる外壁は劣化が早い箇所のひとつです。外壁のヒビ割れ、タイルの浮きは建物躯体の劣化を早めるだけでなく、小さな衝撃でも剥落する原因となります。もし落下した破片が人や物に損害を与えた場合、建物の所有者は管理責任を問われます。

事故を未然に防ぎ、建物を長持ちさせるために、定期的な診断と補修をおすすめします。明光では無料診断を行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

まずは「防壁チェックのための7つの質問」で建物をチェックしてみましょう。

明光へのご相談・お問い合わせはこちら